個人情報基本方針(取扱規範)

日本テレビ音楽株式会社内ミミカジル(以下「当社」)は、高度情報通信社会の進展により個人情報の利用が著しく拡大している事、及び「個人情報の保護に関する法律」 (個人情報保護法)が平成17年4月より全面施行されることに鑑み、個人情報の取り扱いに関し、以下の方針を定め、遵守実践するものとします。

■個人情報保護の社内体制
当社取締役(総務・ライツ推進担当)2名を個人情報保護管理責任者に任命します。部門の責任者を実務管理者とし、各業務において担当者を設置して個人情報保護を実践していきます。従業者は個人情報に関する規定を遵守し、不具合や事故があった場合は速やかに報告させます。

■個人情報の範囲
個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別できるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)を指します。

■個人情報の取得
個人情報の取得は、当社の業務を円滑に行うため、利用目的をあらかじめ個人情報の本人に明示し、適法かつ公正な手段によって行います。個人情報の取得は、原則として、当社の業務を円滑に行うために必要な限度に止めます。

■個人情報の取り扱い
個人情報の取り扱いは、利用目的の範囲内で行います。また利用目的を変更する場合には、個人情報の本人から同意を得ます。

■個人情報の保管・管理
個人情報への不当なアクセス又は個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の防止に努め、個人情報管理者を置き、組織全体での情報管理体制を強化して、適切な管理を行 います。個人情報の処理または管理を外部に委託する場合には、個人情報を適切に取り扱っていると認められる者を選定し、秘密保持契約等の契約を結ぶなど十分な対応を行います。

■個人情報の開示
個人情報の本人から自己に関する情報開示の請求があった場合は、本人であることを確認した上で、原則として、当該請求に係る個人情報について遅滞なく開示します。

■個人情報の訂正・削除
個人情報の本人から自己に関する個人情報が事実でないという理由によって、個人情報の訂正、追加又は削除(「訂正等」)の申出があったときは、遅滞なく調査を行 い、当該申出に係る個人情報に関して誤りがあること、その他の訂正等を必要とする事由があると認めるときは、遅滞なく訂正等を行います。

■苦情の対応
当社は、個人情報の取り扱いに関する苦情につき適切かつ迅速な対応に努めます。